remove_action('wp_head', 'feed_links', 2); remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3); remove_action('wp_head', 'rsd_link'); remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link'); remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_generator'); remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); remove_action('wp_head', 'index_rel_link'); remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_oembed_add_discovery_links'); remove_action('wp_head', 'rest_output_link_wp_head');

高価なベッドと激安のものの違いとは

ベッドを購入しようと考えたとき、そこで何人眠るのか・部屋に入るかどうかなどを基準にサイズを決めたら、あとはそれほどデザイン的には大きな違いはありません。それでいて、価格は倍ぐらいもの違いがあるものも。高価なものと激安のもの、何が違うのでしょう。1日の3分の1の時間はそこで過ごすことになりますし、質のよい眠りが取れていなければ日中の生活や健康状態にまで影響は及ぼされます。激安だからというだけの理由で選ぶことはやめましょう。とはいえ、高級なものだから良い眠りが提供されるとも限りません。価格と共に自身が寝心地がよいかどうか、その2つを基準に良いベッドを選び出すようにしましょう。そのためには、なぜこれほどまでにお値段が違ってくるのか、その理由は知っておいた方がよいでしょう。

マットレスによる違いがお値段の違いに

コイル同士が連結された一枚の大きな金網状のもの。これをボンネルコイルマットレスと言います。激安ベッドのほとんどはこのタイプが使われています。ビジネスホテルなどでも使われているので寝たことがある方は多いはず。連結されたスプリングなので、2人で寝る場合にはとなりの人の寝返りが振動として伝わってきてしまいます。お値段が上がってくると、コイルは一つ一つ分かれて布製ポケットに包まれています。更にはウレタンや、ラテックスというゴム素材のものが含まれることで弾性や沈み込むような感じが出てくるのです。ただ、沈み込みすぎると腰痛が悪化したり寝返りが打ちにくかったりといったデメリットも。そのため、高級マットレスだからといって寝心地が良いとは言いづらい点があるのです。

フレームによる違いもお値段の違いに

次にお値段に大きくかかわってくるのが土台となるフレーム部分です。安いものだと軽いので模様替えはしやすいですが、土台がぐらぐらしているようでは快適な眠りが取れるとは限りません。ベッドを動かしてまでの大規模な模様替えをするような機会はそれほど多くはないのですから、それなりにしっかりとした頑丈なフレームのものを選んだ方がよいでしょう。あとは、照明や収納がついているかどうかやデザイン料など細かな部分でお値段は違ってきます。自分のお部屋に必要となりそうな機能のみを付けるようにし、要らない部分は省くことで、質はよくて安価なよいものを手に入れるようにしましょう。一生に何度も買うようなものでもありませんし、一度買ったら何年も使い続けるのですから、慎重に選びましょう。

ページトップへ戻る