姫路市内の海沿いの埋立地にある、不動産のあり方

“姫路市は現在の兵庫県の南西部にあり、人口約56万人程度の割と大きな人口を抱えている都市にあたります。そして、瀬戸内海側には広大な埋立地からなる工業貨物港や客船港などがあり、四国や九州、離島部あたりとの交易の中継地点ともなっている状況です。この港湾部においての同市内の埋立地上においての不動産のあり方についてですが、そのほとんどが公用地あるいは公用物件などとなっており、一般の民間からなる業者などによる扱いなどは、ほとんどなされたりはしていないような現状といえます。そして、管理者も姫路市や兵庫県などといった地方自治体がなっているような感じであり、そのもとで大規模な貿易事業を手掛ける国内外の各事業者がテナントとして入り、営業や操業などをその場でやっていくといったような感じになります。これが、現在の港湾埋立地においての姫路市内にある不動産利用の現状といえるものかもしれません。

姫路市で理想の不動産探し

平成4年に世界遺産に登録された姫路城は、世界中から観光客が訪れる人気のスポットですが、観光産業のみならず、姫路市は京阪神のベッドタウンとしての需要もかなり高い街でもあります。兵庫県の中では神戸市に次ぐ県西部の主要都市という位置付けであり、不動産の価値も県内では高い部類に属します。また””平成の大合併””により近隣の町村が合併され、かなり広い地域が姫路市に合併されました。北部に広がる農村地帯、海沿いの漁村や、製鉄所を中心とした工業地帯など、とにかくいろんなモノが集まる街でもあります。JR姫路駅は新幹線の停車駅でもあり、かなり大きな都市となっていますが、市の中心部から少し離れれば、京阪神への通勤もじゅうぶん可能な住宅街もあり、どんどん開発が進んでいます。今後の不動産としての価値もかなり期待できる街と言えるでしょう。

いろいろなお金などがかからない姫路の不動産

姫路で不動産物件を探してる場合に、分譲マンション物件か一戸建て物件なのかどちらがいいのかと分譲住宅を購入される場合は考えます。そして分譲住宅を購入するとなると、ずっと住み続けることになるので、支払い金額などに対してもしっかりと考えないといけないです。分譲マンション物件のほうが、購入金額も一戸建て物件に比べると安くて購入しやすいイメージがありますが、どうしても管理費や修繕積立金なども必要になってきます。それにもし自動車を所有してる場合などは、駐車場代金なども支払わないといけないです。いろいろと支払いが住宅の購入代金以外に多くなってしまいます。その点一戸建て物件の場合になると、購入金額の返済のことを考えておけばいいですし、将来の修繕などは貯蓄として貯めていくことができるので、支払う総額のことを考えると安くなる場合も多いです。”

じっくり時間をかけて家を探したいお客様の物件探しにトコトンお付き合いします。 姫路を熟知したスタッフが揃っています! 姫路で不動産を探すなら誠心不動産へ。 家のデザインや間取りのこだわりなど、お気軽に誠心不動産にご質問ください。 不動産購入ための無料の個別セミナーを開催中! プロの目から見た、失敗しない物件をご紹介します。 姫路特化の不動産会社だから地域情報に詳しいことが強み! 姫路の不動産に強い誠心不動産